馬プラセンタと豚プラセンタ、どっちがいいの?

馬プラセンタ 豚プラセンタ

馬プラセンタ等の栄養が多く含まれた品は経皮、皮膚に塗布する場合と呑み込むときとでは吸収の速度が違います。
化粧品が塗ってゆっくり吸収されていくのに対し、サプリメントは腸壁から吸収されて全身に届きます。
健康目的だと、サプリメントの方が良いでしょうね。

 

馬プラセンタのサプリメントには肌の調子を整える成長因子や核酸という形でアンチエイジングに使えるもの、普段は足りない栄養素を補う物など様々なものがあります。
価格も産地、製法等によって大きく違います。

 

馬プラセンタのサプリメントを初めて飲む方は、情報をヒトプラセンタ、豚プラセンタ、植物プラセンタ等他のものと比べてみましょう。
何故、馬プラセンタが推奨されるのか、自分の選択肢は馬プラセンタしかないのか確認しましょう。

 

人間も馬も豚も同じ恒温動物で胎盤を形成しますが、馬は特に体温が高いのです。
大体37度から38度近くの体温だそうです。
体温が高い動物の方が俊敏に動くことができます。妊娠周期はざっと330日、出来るだけ長くお腹の赤ちゃんを大きく育てて、死んでしまう可能性を減らします。
その為に、胎盤が必要となるので、結果的に馬プラセンタのサプリメントの栄養の含有量は他のものより高くなると言われています。
後は、いかにそれを壊さないように抽出して粉末、錠剤などにするかによっても成分の量など精製の結果は変わってきます。
各社のデーターを比べてみてもいいでしょうね。
馬プラセンタなら何でもいいという事ではないことは覚えておきましょう。

 

>>馬プラセンタならこちら


ジュエル「ライブチャット zeus」