ホルモンバランスの乱れも整えてくれます

ホルモンバランスの乱れ

月経に伴う不快感、または生理周期の乱れ、更年期障害によるほてり等の諸症状をある程度馬プラセンタは片づける手伝いをしてくれると言われています。

 

こうした症状は、性ホルモンのひとつであるエストロゲン、妊娠する身体を作るエストロゲン、それを維持するプロゲステロンがうまく交代しない、または無くなった時に起きるものです。
閉経は大体40代後半から、50代にかけて卵子の数が少なくなっていくと起きます。
そうしますと女性ホルモンが出なくなってしまうのです。

 

ここでお断りしておきますが、馬プラセンタ自体は性ホルモンを出す力はありません。
他によく使われるのがエストロゲンに似た形で卵巣に働きかける植物エストロゲンです。
大豆イソフラボン、ザクロ、そしてプエラリア・ミリフィカが有名です。
プエラリア・ミリフィカは特にエストロゲンのように働く成分が強いことが有名です。
本物のエストロゲン、そして合成エストロゲンと同様にかなり強い成分が含まれていますので、副作用がおこりやすいのです。

 

馬プラセンタはホルモン自体を動かす生理活性という特徴はそこまで強くはありません。
むしろホルモンバランスに関わる脳と関係が深い自律神経を多少整える手助けをしてくれます。
体に足りないものを補ってくれるのです。
因みにメンズ生理といって、男性も体調が悪化しやすいじきがあるので思い当たる方は馬プラセンタを摂取してもいいでしょう。
女性ホルモン系ですと男性は飲めないのです。


ジュエル「ライブチャット zeus」