馬プラセンタはいつできたの?

馬プラセンタはいつできたか

馬プラセンタは馬の胎盤からとれたエキスです。
馬というと皆様、どういうものを想像なさいますか。疾駆する競走馬でしょうか。それは大体サラブレットです。この馬が馬プラセンタの提供者です。

 

サラブレットは人間が走ることだけに特化させて作り出した馬、完全や純粋という意味の名を持ちます。
18世紀に生まれたものです。もともとはもう少し小さい小柄な馬、アラブ種などから生まれています。こちらの方が屈強なのです。

 

今のようなプラセンタに近いものが出来たのは1947年の事だと言われています。胎盤の薬が出たのです。馬プラセンタは実はできたのがごく最近です。何分にもサラブレッドは繊細過ぎて環境を整えるのが大変です。
アングロアラブ、アラブ種の方が扱いは楽です。交配をしてアラブ種の血が4分の1以上あるとアングロアラブとなります。アラブ種系は軍馬としても使われます。
馬は知能指数が高いので、相手が気に入らないとどつきます。横浜には馬車が観光用に走っていますが、危ないからはなれろと御者の方に言われましたが、手なずけました。
攻撃の意志が無いとわかると大人しくなるのです。オリンピックに出場し硫黄島で戦死したバロン西という人物の愛馬ウラヌス号はアラブ種系でしたが名馬として有名です。
人間より良い友人とバロン西は信用していたようです。馬プラセンタも、育てている方々が愛情をもって、世話をして初めてできるのです。本当に細かく気を配らないとサラブレットは良い状態にならないのです。感謝して使いたいですね。


ジュエル「ライブチャット zeus」