馬プラセンタには美容成分がいっぱい。

馬プラセンタ 成分

 

馬プラセンタについて、あまり成分の事等知らない方が多いようです。
楊貴妃でも豚を食べると揶揄した川柳がありますが、これは、日本人が動物の肉を食べる習慣があまりなかったためだと言われています。

 

馬プラセンタには代謝の時、化学反応を増幅させる酵素、これは抽出法によっては加熱で消滅するものです。
そしてその酵素を助け、疲労を回復したり肌の細胞の修復に使われるビタミンB群、A、C、D、E等、老化を遅れさせると言われている核酸、肉体を育て若返らせるグロースファクター、そしてアミノ酸などが多く含まれています。
人間には必要な物ばかりです。

 

ビタミンというと、野菜のイメージがありますが、肉類にも若干入っています。
馬プラセンタよりやや安価な豚プラセンタもあります。
豚肉にもビタミンB群が多く入っています。
問題は加熱しないと充分に摂取できないということです。
火を通すと、壊れてしまう栄養素があるのです。
馬刺しは食べられても豚肉は生だと寄生虫や衛生面の心配があります。
イヌイットはアザラシの肉を生で食べることでビタミンを摂取しています。
馬プラセンタは加熱しない製法もあるので、余さず栄養を摂取できるのです。

 

豚プラセンタと馬プラセンタでは馬プラセンタの方が栄養価の含有量が高いと言われています。
豚プラセンタの方が価格としては安く、入手しやすいのです。
サラブレッドは飼育に手がかかりますからね。どの製品を選ぶかは消費者である皆様次第ですが。

 

>>馬プラセンタのサプリメントはこちら


ジュエル「ライブチャット zeus」