プラセンタといっても種類がいろいろとあるんです

プラセンタ 種類

馬プラセンタの他にプラセンタは他の動物からも抽出されます。
ヒト、豚、牛などが代表格です。
日本ではあまり認識されていないことですが、うっかり海外の方に馬プラセンタ等をすすめてしまうとトラブルになることがあります。
今、私の手許には旧約聖書があります。
そこに食べてはいけない食べ物が記されています。
そこで蹄が分かれていない動物や反芻、呑み込んだ食べ物を戻して、また噛んで胃腸に戻す反芻をしない動物は食べてはいけないという規定があります。
イスラム教とユダヤ教では馬プラセンタや豚のプラセンタは摂取できません。
豚は汚れた生きものと考えるのです。
どうして駄目なのかを牧師や旧約学者に聞くと寄生虫や食中毒の問題ではないかと言われました。
ヒンドゥー教では牛は聖なる神の使いなので食べてはいけないことになるのです。

 

プラセンタは植物からもとれます。
そうはいっても馬プラセンタのような本物のプラセンタではありません。
胎盤からとるのがプラセンタですから、胎盤の無い植物からは取れません。
偽物ではなくよく似た組成の物質です。
栄養などは馬プラセンタ等と同じように豊富ですが、細胞の修復を行う力はあまりないと認識されています。
どのプラセンタを選ぶのかは皆様のお考えひとつです。
材料となる動植物や精製法が異なるので、メーカーによって作用が違うということもあります。
形状によっても吸収率が違うので、プラセンタを使う理由を認識しておくといいでしょう。

 

>>馬プラセンタサプリメントはこちら


ジュエル「ライブチャット zeus」